自分に合った治療法を受けよう│更年期障害の症状として

サブメニュー

ピロリ菌の除菌療法

女の人

ピロリ菌は胃の中に生息する細菌である。1994年にピロリ菌は胃がんの発がん因子であるとわかり、ピロリ菌に感染している人は胃がんを患うリスクが高くなる。ピロリ菌を除菌することによって、胃がんを発症するリスクを低くすることができる。大阪市城東区の内科では、ピロリ菌の検査と除菌を行っている。ピロリ菌の検査をするには内視鏡が必要になるが、城東区の内科には最新鋭の内視鏡が完備されている。内視鏡検査をすることによって、ピロリ菌の有無を確認できる。検査の結果、ピロリ菌が見つかった時には、ピロリ菌の除菌が行われる。ピロリ菌の除菌には抗生物質が使用される。抗生物質を投与することによってピロリ菌を除菌でき、胃がんや十二指腸がんのリスクの低下に貢献する。

城東区の内科では、ピロリ菌を除菌することが可能である。ピロリ菌の除菌には一次除菌治療と二次除菌治療がある。まず初めに一次除菌治療が行われ、一次除菌治療でピロリ菌を除菌できなかった時に、二次除菌治療が行われる。ピロリ菌の一次除菌治療の除菌成功率は80パーセントから90パーセントである。二次除菌治療の成功率も90パーセントを超えており、ほとんどの場合で除菌は成功する。ピロリ菌の除菌が成功すると、胃がんの発生リスクは大幅に低下する。ピロリ菌は胃がんの発がん因子になるだけでなく、アルツハイマー病や円形脱毛症、メタボリックシンドロームなどの疾患との関連性が指摘されている。城東区の内科でピロリ菌を除菌すると、アルツハイマー病などの病気の予防にもつながる。