自分に合った治療法を受けよう│更年期障害の症状として

サブメニュー

免疫療法でがんを撲滅

花

がんへの攻撃力を強化

最近、がん治療の分野で大きな注目を集めている治療技術に、免疫療法があります。免疫療法とは患者がもともと体内に持っている免疫機構を強化して、がん細胞を攻撃させることを目指す治療法です。具体的には、白血球の仲間である免疫細胞を活性化するという手法を用います。免疫療法には免疫力全体を高める非特異的療法と特定のタイプのがんに対する集中的な効果を狙う特異的療法の2種類があり、このうち後者を代表するのが樹状細胞療法です。樹状細胞はがん細胞に対して強い対抗力を持つ免疫細胞です。ただ注意が必要なのは、樹状細胞そのものにはがん細胞を攻撃する力はないということです。ではなぜ樹状細胞療法が有効かというと、この細胞には有害物質を記憶する優れた能力があるからです。

入院や手術の必要なし

樹状細胞は全体を木の枝のような突起でおおわれていることからこの名があります。この細胞は細菌やウイルスなど、体内に存在する有害物質を認識すると、それを他の免疫細胞に伝達し、攻撃目標として教え込むという働きを持っています。そこで樹状細胞療法では、この樹状細胞にがん細胞を攻撃するよう学習させることで、結果的に身体全体の免疫力を高めます。具体的には患者自身の樹状細胞とがん細胞(またはそれに似せて人工的に作った抗原)を使ってワクチンを精製し、それを体内に戻します。樹状細胞療法の治療方法は、最初の採血の後は定期的にワクチンを接種するだけです。身体への負担が軽く、入院の必要もないため日常生活もほとんど制限を受けることがありません。