自分に合った治療法を受けよう│更年期障害の症状として

免疫療法でがんを撲滅

花

樹状細胞療法とはがん治療を目的として行われる免疫療法の1つで、抗原を認識する能力を強化することでがん細胞への攻撃の精度を高めることを目的としています。治療はワクチンの定期的な接種だけなので、身体への負担が軽いという特徴があります。

Read More...

咽頭の悪性腫瘍

男性

咽頭に発生する悪性腫瘍のことを咽頭がんと言います。上咽頭、中咽頭、下咽頭に発生します。上咽頭がんはウイルス感染が原因で発症します。中咽頭と下咽頭に発生する原因は過度の飲酒や喫煙です。男性や中高年に多く発症するので、注意が必要です。

Read More...

ピロリ菌の除菌療法

女の人

城東区の内科では、ピロリ菌の検査と除菌を行っている。ピロリ菌の検査は内視鏡を使用して行われる。検査の結果、ピロリ菌が見つかった時には、ピロリ菌の除菌治療が実施される。ピロリ菌の除菌が成功すると、胃がんの発症リスクが大幅に低下する。

Read More...

薄毛の治療と心療内科

女性

ストレスの軽減

女性は閉経になると、更年期障害を起こすことが多くなります。そうした更年期障害の一つが薄毛です。更年期障害になると、精神的なバランスが保てなくなることが増えるようになります。例えばそれまで気にならなかったようなことでも、苛立ちを見せるといったことが増えるのです。すなわち更年期障害になると、ストレスを感じることが増加するのです。ストレスが強くなると、交感神経の活動が活発になって、男性ホルモンの分泌が増加します。男性ホルモンは薄毛の原因になることが、医学的にも証明されていることです。そこで必要になるのが、医療機関を受診してストレスを軽減することです。したがって今後は、更年期の薄毛に対して、専門の医療機関への受診が増加する見込みです。

的確に治療できます

内科や外科を始めとする医療機関は、心の病気にばかりではなくて、内科的な検査や治療も重視します。例えば更年期障害では、女性ホルモンの分泌量の状況などを、的確に把握することが必要です。また同じ薄毛であっても、内科的な病気が背景になっているケースも存在します。そうしたことについても内科や外科では、検査を行ってから治療を行ってくれるのです。そのうえでストレスが原因である場合には、ストレスを軽減する治療を行います。例えばカウンセリングを行うことで、ストレスの原因を究明して、具体的な対策を行います。またカウンセリングだけで軽減できない場合には、薬物療法を行って軽減するようにするのです。このようなことを内科や外科といった医療機関では行うので、更年期障害による薄毛が的確に治療できます。